会則

  1. 目的本会は日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師制度規則及び日本消化器内視鏡技師会会則に基づき、秋田県内の消化器内視鏡技師(以下、内視鏡技師)の技術の向上を図ると共に研究発表、知識の交流によって内視鏡技師を志す者を育成することを目的とする。
  2. 会員
    1. 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師制度に基づく学会認定試験に合格し、学会認定内視鏡技師登録者で組織する。
    2. 学会認定試験合格者は特別申し出がない限り自動的に会員として登録されるものとする。
  3. 役員
    1. 本会に次の役員をおく。
      会長
      1名
      副会長
      2名
      幹事
      若干名
      会計
      2名
      会計監査
      1名
    2. 役員は会員の中から互選する。
    3. 役員の任期は2年とし、再選を妨げない。
  4. 役員職務
    1. 会長は本会を代表し、会務を総括する。
    2. 副会長は事務局を兼務するとともに、会長を補佐し、会長不在の時はその職務を代行する。
    3. 幹事は会務を処理するとともに、その事業の執行を図る。
    4. 会計は本会の会計を司る。
    5. 会計監査は会計内容を監査する。
  5. 会費
    会費は平成18年度より廃止する。
  6. 経費
    経費は研究会参加費、協賛費および補助金で賄う。
  7. 本会の事業年度および会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

附則

研究会に関する細則

  1. 消化器内視鏡技師研究会を秋田県において年1回開催し、世話人が運営する。
  2. 世話人は日本消化器内視鏡学会指導医、認定専門医、認定医または学会員の中から選出する。
  3. 世話人は会長と連絡を密にして、研究会の運営を円滑にする。
  4. 将来、内視鏡技師を志す者も研究会に参加することができる。
  5. 本会則は平成元年10月1日より適用する。
  6. 本会則は平成12年4月1日より一部改定して適用する。
  7. 本会則は平成14年4月1日より一部改定して適用する。
  8. 本会則は平成15年4月1日より一部改定して適用する。
  9. 本会則は平成17年1月1日より一部改定して適用する。
  10. 本会則は平成28年1月1日より一部改定して運用する。