資格について

毎年1回実施される資格認定試験を受験し、学術試験を行い、合格した者が消化器内視鏡技師として登録され、認定証が交付されます。

主な受験資格には以下のようなものがあります。

  1. 消化器内視鏡部門で日本消化器内視鏡学会専門医(非常勤含む)指導のもとで2ヶ年以上勤務していること
  2. 消化器内視鏡技師研究会・技師学会に過去5年以内に2回以上出席のこと
  3. 当学会支部長により承認された過去5年以内の内視鏡機器取扱い講習会また機器取扱いセミナーを受講すること
  4. 医学講座を日本消化器内視鏡学会主催の医学講習会又は勤務先の日本消化器内視鏡学会専門医に受講されること
  5. 所属する施設における日本消化器内視鏡学会専門医(非常勤を含む)の推薦を受けること

内視鏡技師の資格は、以下の理由によって審議会の議を経て喪失することになっています。

  1. 技師会員費を2年以上滞納したとき.
  2. 死亡したとき.
  3. 正当な理由を付して内視鏡技師を辞退したとき.
  4. 眼の見えない者,耳のきこえない者,話すことができない者,精神病者,著しい身体障害者,または覚醒剤・麻薬・大麻若しくはあへんの中毒者などに該当するとき.
  5. 反社会的行為,刑法にふれる行為,起訴された場合や本制度の主旨または規則に反する行為などがあったとき.